インスタ投稿!

呼吸で酸素が身体の隅々まで行き渡らないのはなぜ?

呼吸で取り入れる酸素は、「結合型」といって、ヘモグロビンに結合して身体に運ばれますが、ヘモグロビンは毛細血管よりも大きいため、身体の隅々までは行き渡りません。

酸素カプセルの場合は、「溶解型」といい、ヘモグロビンとは関係なく、直接体液や血液(毛細血管含む)の中に酸素を取り込むため、身体の隅々まで行き渡ります。

 

PAGE TOP