タンニングマシンを利用できない人

● 紫外線、及び日光過敏症の人
● 日焼けができない肌タイプの人
(日光を浴びると、いつも肌が赤くなり、ヤケド日焼けをしてしまう人)
● 16歳未満の人
(18歳未満の人がご利用する場合は、保護者の同意が必要です)
● 医師にタンニングを禁止されている人
● 現在、肌がヤケド日焼けで炎症を起こしている人
● 病気、ケガで治療中の人
● 皮膚や目に障害のある人
● 同じ日に、前もって日光浴をした人
● てんかんの病歴、閉所恐怖症の人
● 紫外線の感受性を高める医薬品を使用中の人
(抗生物質、睡眠薬、抗うつ剤、ピル、水虫薬、湿布薬を使用中、及び使用直後の人)
● 妊娠中や、妊娠の可能性のある人
(妊娠中は紫外線の感受性が高まるので、炎症を起こしたりシミができたりしがちです)
● 飲酒後、体調不良、睡眠不足の人
(タンニングによって体の疲労度が高くなります)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご案内

ページ上部へ戻る