酸素カプセルについて

画像 001人間の体にとって、空気中の酸素濃度は30%が適量とされています。しかし、私たちは酸素濃度21%という慢性的な酸素不足の中で生活しています。近年では大気汚染などの影響で、酸素濃度がますます減少しつつあります。現代社会で体を健康に保つには、酸素補給が欠かせません。多くの酸素を補給することで血液がリフレッシュされ、細胞組織が活性化されます。酸素は私たちの体のエネルギー活動に深くかかわっており、酸素補給による効果も多岐に渡ります。高気圧酸素カプセルではその酸素不足から起こる弊害をなくし、様々な効果が見られます。

yaku
image01
体内の酸素はヘモグロビンと結びついた結合型酸素と、血液やリンパ液に直に溶け込み抹消組織まで届く溶解型酸素の2種類があります。 通常の肺呼吸では結合型でしか酸素を運べません。脳や腎臓、肝臓、皮膚は毛細血管の固まりでヘモグロビンより細いため、血流が悪くなりやすいのです。すみずみの細胞にまで酸素を供給するには、この「溶解型酸素」がより多く必要になります。食生活の乱れや睡眠不足、過労が続くとコレステロールなどの汚れで血管が細くなったり赤血球どうしがくっつきあったりして血流が悪くなり酸素不足を起こし老化、ボケ、万病の原因になるといわれています。高気圧酸素カプセルの気圧を上げると酸素がガス化して血液、体液の中に溶け込み溶解型酸素が増えます。 溶解型酸素は血管が詰まっても体液などの別ルートを通って酸素を運ぶことが出来ます。 これにより酸素不足に陥った全身の細胞に十分酸素補給し若返りを促進します。
エネルギーの90%を占める酸素には、疲労、痛み、だるさの原因となる血中の乳酸を分解し体外へ除去する働きがあります。スポーツによる短期的な肉体疲労、循環不足による長期間にわたるしつこいコリや疲労感やだるさのどちらにも効果的です。毛細血管の集まる眼の疲労も酸素が届き緩和されます。

k1

脂肪を燃焼させるためには大量の酸素が必要です。体のすみずみまで酸素を行き渡らせ、細胞の新陳代謝を良くすることで脂肪燃焼が促進されます。細胞内の血液、リンパ液などにたまった老廃物が排出され、ダイエット効果を発揮します。

k2

呼吸で摂取する結合酸素は毛細血管まで行き届かない場合が多く、肌荒れや老化を引き起こす原因になります。酸素カプセルは毛細血管まで行き渡る溶解酸素を摂取できるので、細胞のすみずみまで酸素を行き渡らせ、美肌にも大きな効果を発揮します。また高気圧作用で体内に活性水素を発生させ、シミやシワ、老化の原因となる活性酸素を中和させ、老化を防止します。

k3

骨折・筋肉や靭帯の損傷、捻挫などケガの患部は細胞を再生するために多量の酸素を必要とします。さらに腫れにより血管が圧迫され酸素が通りにくくなります。酸素カプセルで酸素を供給すると患部の新陳代謝を高め、細胞の再生時間を短縮し、炎症を抑えます。また手術後の治りを早めるだけでなく、痛みを緩和し傷痕をもきれいに修復してくれます。

k4

高気圧環境下では全身に均等な圧力がかかるので、骨格や筋肉のゆがみが矯正されバランスが整います。これをレオロジー効果と言います。通常、約60分の使用で、身長が約5~15ミリ伸びます(個人差あり)。ボディケアやトリートメントの効果が持続しやすくなります。

k5

アルコールの分解には酸素を大量に必要とします。酸素が不足すると二日酔いの原因となるアセトアルデヒドが体内に残ってしまい、脳や各臓器を巡り、頭痛や吐き気などの症状を引き起こします。飲む前に酸素補給しておくと二日酔いの予防になります。大量の飲酒によってアセトアルデヒドの代謝能力を超えてしまうと分解が追いつかなくなり、日が経過しても頭痛、吐き気、胸のむかつきなどの症状があらわれます。高気圧酸素カプセルで代謝能力を上げると、溶解型酸素を血液中や肝臓に十分に行き渡り、二日酔いが解消されます。
22

noticeqa

ご案内

ページ上部へ戻る